カロリー気にしなくてOKおかずをたっぷりの糖質制限ダイエット

女性がウエストにメジャーをあてているところ「糖質制限ダイエット」は、食事の中で一番糖質の多い炭水化物を減らすというシンプルなダイエット法です。

炭水化物といえば、主食であるごはん・パン・麺類、これらを減らしてしまうと、食事が物足りないとかんじるはずです。

そこでお腹を満たすために、おかずはたっぷりと食べるようにします。

そのとき、カロリーは全く気にしなくてOKです。

好きな揚げ物、油の多い炒め物もたっぷり食べてOkです

ただしNGなおかずもあります。それは・・・

大量摂取を避けたいこんなおかず

糖質制限ダイエットをするためには、糖質を減らすのが目的なので、糖質の多いおかずには注意が必要です。

食べていけないわけではなく、「大量に食べない」ことを覚えておきましょう。

野菜ならなんでもOKというわけではないのですね。ここはダイエットのために覚えておきたいことなんです。

おかずになる野菜の中で、糖質が多い野菜というと、主に芋類そして根菜です

できれば避けたい糖質の多い芋類

根菜を中心にした野菜たち糖質の多い野菜の代表は、芋類です。

なかでもサツマイモは、100グラム中糖質が29.2グラムあります。

ジャガイモは100グラム中16.3グラム

サツマイモ・ジャガイモは好きな人が多いですが、ダイエット中はできれば避けたい根菜です。

じねんじょにも糖質が多く、100グラム中24.7グラムもあります。ただじねんじょはおかずとして食べても少量のことが多いはずなので、念頭においておきたい食材ではあります。

里芋は100グラム中10.8グラム長いもは100グラム中12.9グラムで比較的少なめ。

ただし、量は控えめにしたい根菜です。

見落としがちな要注意の根菜

糖質が多めなのに気づきにくい野菜が根菜です。

中でもよく利用する人参、ごぼう、そしてレンコンです。

人参は100グラム中6.4グラムが、ごぼうは100グラム中9.7グラムが糖質です。

レンコンは100グラム中13.5グラムが糖質で、意外に多いのです。

食物繊維が多いし、ビタミンやミネラルも豊富なので、糖質に気づきにくいのです。

そして煮物などの味で美味しくなりますし、好物となると、たくさん食べたくなりますね。

また玉ねぎも糖質多めで100グラム中7.2グラム、炒めものにするいにしても他の野菜を加えるなどして、大量にとらないよう気をつけたい野菜です。

控えめにしたい糖質の多い野菜

カボチャ二つ割

根菜以外で、控えめにした方がいい野菜としては、トウモロコシカボチャです。

トウモロコシは100グラム中13.8グラムカボチャは100グラム中17.1グラム

この二種類も、好きな人が多いはず、食べだすとついついたくさん食べたくなってしまうので注意したいです。

糖質が多いと血糖値があがりやすく、どうしても中性脂肪をたくわえやすくなるのでダイエットには不向きです

また甘くておいしいトマト、大量に食べるのはやめましょう。

甘いので糖質が多めです。特にミニトマトで甘ーいもの。

普通ミニトマトは100グラム中5.8グラムの糖質ですが、おいしいとついついたくさん食べてしまうことになりがちです。

お皿の上にかざり程度か個数を限って利用するようにしましょう。

糖質の少ない野菜の代表は

葉物野菜の畑糖質制限ダイエットでは、上記のような糖質の多い芋類、根菜はできるだけ避けるか量を減らして食べるようにします。

糖質の少ない野菜はたくさんあるので、調理しやすい好みの野菜をどんどん利用しましょう。

糖質の少ない野菜をあげていくと、

ほうれん草、小松菜、春菊、菜の花、モロヘイヤといった葉物野菜です。

カイワレ大根、三つ葉、ニラ、青シソなどがありますね。

他にきゅうり、ズッキーニ、おくら、レタス、サラダ菜、パセリなども糖質はとても少ないです。

中でも大豆もやしは糖質ゼロ!お安いし食べごたえもあるのでどんどん利用しましょう。

そうはいっても、野菜をたくさん食べても、そんなにお腹がふくれないんじゃない?という人は、お肉魚などの低糖質の食材を今まで以上に意識して食べるといいですよ。

糖質オフの食品専門店『低糖工房』
ビューティ・ダイエット
スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
キラコ

美容健康暮らしのライター。公務員として福祉行政に従事。退職後、着付け師範資格所得、着物着付け教室を運営。温泉好き温泉ソムリエ資格取得。美容健康ダイエット情報オタク。成人した子供3人の子育て経験。夫婦でドライブ温泉旅行好き。

キラコをフォローする
キラコをフォローする
LaLa7.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました