LaLa7.net

糖尿病の新治療法・血糖値を下げるならデルタパワー改善で・ためしてガッテン

スポンサーリンク

眠っている女性糖尿病の新しい治療法が、NHKためしてガッテンで放送されていました(20170222)。(その後NHKからのお詫びがありましたのでお詫び文の一部抜粋を最下にのせました)

これは今までの糖尿病の治療とは打って変わったというか、画期的な治療法となります!

それは「血糖値を下げるには、デルタパワーを改善するといい」ということがわかったからです。

デルタパワーというのは聞きなれませんね、それは熟睡している人の脳からでる脳波で「デルタ派」を強化するといいという意味なんです。

言い換えると、「デルタ派」を強化するというのは、熟睡すればいい!ということなんですって。

熟睡すると、血糖値が下がることが証明されていて、糖尿病が改善していく人が続出。さてどうしてそうなるかというと。。。

スポンサードリンク


熟睡できるようになると血糖値が下がる理由

糖尿病といえば、食事と運動による治療が一般的ですが、なかなか改善しない人も多い病気です。

長期間治療を続けても血糖値が下がらないという人もあるんですよね。

糖尿病の人は、自分は熟睡できていると思っている人でも、実は熟睡できていないという人が多いそうです。

自分のことなのに、睡眠の質ってあまり気づいていないみたいです。

日中に強い眠気がおそってくるとか、昼間1時間以上居眠りしてしまう人は、そもそも熟睡できていないといっていいのです。

人は熟睡していると、「デルタ派」という脳波(非常に大きな波形が特徴)がでるのです。

ところが糖尿病の人は、眠りが浅く、デルタ派があまりでていないません。

デルタ派があまり出ないと、熟睡できていないわけです。

熟睡できていないと、ストレスホルモンが出て、それで結果的に血糖値があがってしまいます。

血糖値があがると、交感神経が活発になり、熟睡をさまたげることにます。

つまり熟睡できないことで、ストレスホルモンが出て・・・と悪循環になり、長引く糖尿病が治りません。

スポンサーリンク

血糖値下げるには新しい睡眠薬

眠っている若い女性そこで、熟睡することに注目した治療法が登場し、多くの糖尿病患者さんを救っているそうですよ!

2014年くらいから、新しい睡眠薬による、血糖値改善の治療がされるようになっています。

この薬は、もともと不眠で悩んでいる人の薬から使われるようになったそうですが、新しいこの薬は、睡眠のホルモンにだけ効くそうで、副作用はないと解説の先生がおっしゃっていました。

「この薬を用いて熟睡できるようになると、血糖値が下がります」といううれしいお話。

今まで食事療法と運動療法でやってきた人で、血糖値が下がらないというお悩みに朗報で、睡眠との関係を主治医の先生と相談の上、お薬が処方されることになります。

将来の糖尿病を防ぐには睡眠の量も関係

糖尿病は悪化すると怖~い病気です。

ひどくなると、歩行困難や手足の先端の血行不良でえそしたり、失明などもありえます。怖いですね。

そのため糖尿病とわかったら、血糖値を下げる治療を開始しますよね。

今どきの若者は、睡眠時間が短く週末寝だめをするという若者も多いと思いますが、このままいくと糖尿病予備軍になりかねません。

というのは、睡眠時間を十分確保していないと、血糖値を下げるインスリンの分泌力が低下してしまうようなのです。

十分な睡眠というと、本当は8時間半がよいのです。今の若者20代の睡眠時間は、現代では7時間ちょっとです。

これでは将来、血糖値を下げることができず、危険かもしれないと。

この「8時間半」という睡眠は、長すぎる?と思えますが、これは実験で証明されていることで、

20代の人15人に9日間、暗闇で暮らす(寝る)実験をしたところ、それまでは7.5時間の睡眠が平均だったのですが、暗闇では8.5時間に睡眠が落ち着き、インスリンの分泌力が向上していました。

ですから、若い時から十分な睡眠時間と熟睡によって、将来の糖尿病が予防できると予想されるわけです。

糖尿病の人は、インスリンの出方が不十分でもあるので、若いうちからインスリンの出る力を温存しておくのは、将来のためにもいいということですね。

寝だめは原則できないので、週末に3時間以上も余分に寝てしまう人は、平日の睡眠をもう少し増やす工夫をした方が、将来の糖尿病予防につながります。

デルタ派を実際測ることはできないので、十分でる睡眠がとれているかどうかは、日中の眠気が強いかどうかで振り返ってみましょう。

ということで、「血糖値を下げる秘訣は、デルタパワー(熟睡)にあった」という番組の趣旨です。

糖尿病の新治療法・血糖値を下げるならデルタパワー改善で・ためしてガッテンまとめ

食事療法・運動療法・薬物療法だった糖尿病の治療に、新しい治療法が登場。

新しい糖尿病治療法のカギは「熟睡」に。熟睡によって血糖値がさがる。

今までなかなか血糖値が下がらなかった人で、熟睡できていなかった人が睡眠改善薬によって血糖値さがった。

治療方法については主治医と相談の上すすめてください。

熟睡できているかどうかの指標は、「昼間ひどい眠気に襲われる」「1時間以上昼寝をしてしまう」という目安です。

お薬で熟睡するだけで、血糖値が下がる!という朗報です。

これからは糖尿病になっても、軽く治せる病気になるといいですね。

この記事は2017年2月22日(水)NHKためしてガッテンで放送されたものの、要点とまとめです。このほか熟睡のための筋弛緩法の紹介もありました。覚書きと感想。

<追記・お知らせ>

放送の翌々日に、医師の方たちから「睡眠薬で糖尿病の治療ができるのはちょっとひどい」、医療現場から「放送内容に問題がある」と厳しい指摘がされています。

それを受けて、取材をしたJ-CASTニュースは24日、NHK広報局に対し、(1)睡眠薬で糖尿病が治療できるという放送内容に根拠はあるのか(2)出演者以外の医師の監修はあったのか(3)ステマ疑惑の声が出ていることについてどう考えているのか――などを取材したところ、

「さまざまなご指摘を受けて、番組の内容を再確認しています」と回答があったとしています。

今後放送の内容について何らかの変更や訂正がなきにしもあらずですので、その点ご了承ください。

<追記・お知らせ>NHKからのお詫びがありました(お詫び文の一部抜粋です。)

「番組内に「睡眠薬で糖尿病の治療や予防ができる」などの行き過ぎた表現や短絡的な表記があり、あたかも睡眠薬を糖尿病の治療や予防に、直接使えるかのような誤解を与えてしまいました。あくまでも睡眠障害と診断された方に対して、医師が睡眠薬の処方が必要であると判断した時にしか行えないことを、もっと明確に述べるべきでした。

番組では、「副作用は少なくなっていますが医師の指示に従って服用してください」とお伝えした一方で、「副作用の心配がなくなっている」などという表現がありました。運動障害の副作用は少ないとはいえ、悪夢や頭痛などの別の副作用は報告されており、大変不適切でした。

睡眠障害の治療には、生活習慣の改善など様々な選択があり、睡眠薬を使用するかどうか、どの種類の睡眠薬を選ぶかなどは、かかりつけの医師や睡眠専門の医師の判断に従ってください。この混乱を招いてしまった原因は、ご出演して頂いた専門家ではなく番組にあります。お詫び申し上げます。」

以上の内容がお詫びの一部抜粋です。管理人の覚書のところでいきすぎた表現になっている部分があるのですが、このような趣旨で訂正されていますので宜しくお願い致します。(管理人)



*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク
Return Top