LaLa7.net

化粧品選びのポイントはコレ!毛穴のタイプ別に教えます

スポンサーリンク

鼻の毛穴の開きのタイプは四つのタイプがあります。
タイプによって、適切な処置の仕方が変わるので、自分の毛穴開きのタイプを知って、化粧品選びを正しく行ってくださいね。
効果のあるスキンケアをする事で、毛穴の状態が安定しますので、メイクやマスクなどで包み隠す必要もありません。
ここでは、毛穴の開きのタイプ別に、コスメティックスを選ぶときのポイントを紹介します。

スポンサードリンク


汚れ詰まり毛穴タイプ・コスメ選びのポイント

肌の生まれ変わりである、ターンオーバーのリズムが崩れることにより、肌に古い角質が残ります。
皮脂と混ざり合って毛穴を詰まらせて仕舞う、汚れ詰まり毛穴におススメのコスメティックスはこれです!!
AHAなどのピーリング成分が配合されているコスメティックスを利用する事で、ターンオーバーのリズムを円滑に促していく事ができます。
また、薬用炭を配合しているコスメティックスは、出過ぎている皮脂を取り除いてくれる効果が期待出来るのでおススメです。

スポンサーリンク

たるみ毛穴タイプ・コスメ選びのポイント

歳を重ねることによって、真皮のコラーゲンだったりエラスチンが薄れることで、開いた毛穴が楕円形のような形に。
支えきれなくなってしまった、たるみ毛穴におススメめのコスメティックスはこちら!!
豊富なビタミンCが配合されているコスメティックスを選ぶのが良いでしょう。
ビタミンCは、体の中でコラーゲンを作る働きを支える効果があります。
別に改良を加えた、誘導体系のビタミンC。
いわゆるビタミンC誘導体と呼ばれるものは、ビタミンC自体のもっている成分が壊れやすいという弱点を改良したものです。
成分が壊れてしまうと、皮膚から浸透しづらくなるという性質があります。
これでは、せっかくのビタミンCの栄養を肌に加えることができません。
そこで開発されたのが、ビタミンC誘導体です。
このビタミンC誘導体は、『パルチミン酸アスコルビル酸Na』や『リン酸アスコルビル』と表示されていますので、成分表をチェックしてみてください。
ビタミンCの他にも、ビタミンAの一種でレチノールという成分があります。
こちらもコラーゲンを増やしてくれる働きがあります。
ただしこのレチノールは、刺激が強い成分となっていますので、人によっては相性が合わず、肌にかさつきを感じる場合もありますので、注意してください。

帯状毛穴タイプ・コスメ選びのポイント

大きなシワの原因にもなるこの帯状毛穴。
これは乾燥であったり、皮脂の分泌が多すぎることによって開いた毛穴がたるんでしまい、毛穴と毛穴が小じわでまとまることによりできてしまう状態でしたね。
このタイプの方は脂性肌の方に多数見られると言われています。
脂性肌の人は分泌量が多いため、毛穴が開きっぱなしという状態にあるのですが、この状態を打破しようと洗顔を過度に行ってしまうと、肌のほうは皮脂が不足しているとしてしまい余計に皮脂を出してしまいます。
ですので、そういったトラブルの場合、それでも肌の乾燥を断ち切ることが肝心です。
保湿ケアを十分に行っていきましょう。
オススメのコスメティックは、セラミド・トレハロース・ヒアルロン酸などの保湿成分が配合されているコスメティックです。
これらの成分は糖類と呼ばれるものなのですが、この糖類は水分を含んでいますので、肌の表面を潤してくれる働きをします。

にきび毛穴タイプ・コスメ選びのポイント

最後に、ニキビ毛穴についてです。
この毛穴は、真皮のトラブルが原因となっているので、コスメティックで改善していくことが残念ながら難しい毛穴となっています。
一番良いのは、医療機関を受診することが望ましい毛穴です。
そのほうが、何年も面倒な思いをせずに、その時の望ましい肌へと変えていくことが期待できます。
でも、コスメティックを選ぶととしたら、ビタミンCが配合されているコスメティックを選んでいきましょう。
にきび毛穴は、ニキビの原因菌が増大することが主な原因となっています。
雑菌、皮脂の炎症による赤みは、ビタミンCで作用する抗炎症作用が有効です。
以上、4つのタイプ更におススメのコスメティックをご紹介しました。
毎日肌につけるコスメティック。
自分の肌が求めているものをぜひ見定めて、快適なお手入れと生活を手にいれてください。



*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク
Return Top