LaLa7.net

開いた毛穴の改善には保湿を・細かく解説します!

スポンサーリンク
開いた毛穴を改善するには、保湿が大切です。
毛穴の悩みが深い人中には、「肌がべた付いてしまうのが嫌」と言う理由でしっかりとした保湿をしていない方がいらっしゃるのではないでしょうか。
また、自分は充分に保湿していると自信をもっている方、本当は保湿の持つ本来発揮される効果を得られていないかもしれません。
毛穴の悩みを改善したいという方には、保湿は最も重要なものになります。
なぜ重要かというと、それは保湿が充分でないことで、2つの肌荒れが起きてしまうからなのです。
ではふさわしい保湿の仕方を細かく解説します。

スポンサードリンク


毛穴ケアのふさわしい保湿の仕方

1.肌が乾燥してしまうと、皮脂がより多く分泌されてしまいます。
それにより、毛穴を詰まらせ、それが余計に毛穴を拡げてしまいます。
2.多く分泌された皮脂が、毛穴に残っていた汚れや古い角質と混ざり合うことで、ニキビや黒ずみの原因になります。
そういった状態にならないように、次はふさわしい保湿の順番をご紹介します。

スポンサーリンク

規則正しい保湿の順番

1.洗顔
2.化粧水
3.必要の場合は美容液
4・乳液
5.クリーム
この順番で丁寧に保湿を行っていきましょう。
しかし、製造会社によっては成分を最大限に発揮する為に、洗顔からクリームまで同一のスリーズとして販売されているものも多くあります。
これらは、製造会社側が全ての過程を通して、肌荒れを解決するために研究されたものです。
ですので、同一シリーズを使う事が前提で、商品によっては先の順番が違うものがあります、その場合は指示に従いましょう。
まずはこれらの保湿、どのように行っていくのがいっそう効果が得られるのでしょうか。

スポンサーリンク

保湿の具体的なポイントやその需要

それぞれの役割をポイントと需要を重点にご紹介します。

化粧水の役割

これは、肌のキメを合わせると共に、毛穴を引き締める効果があります。
化粧水を最初にのせることで、その後の様々な効果を浸透させるための土台作りをすることになります。
化粧水は、たっぷりと十分に利用することが大切です。
2度付けなどもずいぶん効果的です。
より効果を上げるならば、直接手に化粧水を塗り付けるのではなく、コットンに浸してから塗り付けると良いです。
なぜなら手のひらに乗せた場合、化粧水の効果を一番に味わうのは手で、加えたい顔よりも手にいってしまうからです。

美容液の役割

美容液は、肌に与える栄養素という役割です。
ある特定の肌荒れを解決するために特化された成分を使用しています。
ですので様々な効果のある美容液が、多数販売されています。
自分の肌荒れに応じた美容液を選択し、使用していきましょう。

乳液の役割

これは肌の潤いを保護して行く効果のほかに、肌を柔らかくする効果があります。
スキンケアを行うときに、乳液で終了してしまう方も多いようですが、本当はここで終了してしまうと大変もったいないのです。
なぜなら乳液にはある欠点があります。
それは、乳液は潤いを保護できる時間が少ないという事です。
ですので乳液を塗布した後は、クリームを併用することがと効果的でオススメです。
乳液を塗布したことで肌が柔らかくなっており、クリームの効果を最大限に発揮することができます。

クリームの役割

最後のクリームは、乳液で潤いを保護した肌の保湿を、さらに保護し保つことができます。
また、今まで塗布してきた化粧水や美容液、そして乳液から得た保湿や栄養素など、を肌から逃さないという働きがあります。
以上のように役割や特色をしって利用してみてください。
アナタの保湿の仕方は効果を最大に得られていますか?
何とかお手入れするなら、使っている製品の効果をたっぷりと無駄なく頂いて、効果的保湿とケアをいたしましょう!



*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク
Return Top