LaLa7.net

洗顔用の石鹸の成分・純石鹸が選ばれるわけ

スポンサーリンク
洗顔用の石鹸や洗濯石鹸、そして手洗い石鹸など、日ごろ私たちが使っている石鹸は何かと種類がありますよね。
それに、毎日何回も使っていて、とても身近な存在ですよね。
何かのお返しや、粗品で頂くことも良くありますし、どこのご家庭にもいくつが必ずあるのではないでしょうか?
最近では、ボディーシャンプーで体を洗う人も多いようですし、手洗いはハンドソープも流行しているようですが、それでも何かにつけて石鹸を使う機会は多いと思います。
この石鹸というもの、本当はだいぶ昔から存在するものなのです。
紀元前2500年前くらいから使われていたそうですから、その歴史はかなり古く、ずっと私たちの生活にかかわってきたなくてはならないものだと思います。
現在では、地球環境も考えられて、安全な石鹸が出回っています。
さて、みなさんはご家庭でどんな石鹸を使っていますか?
最近では、エコロジーな石鹸を利用している人も多いとか。
海を汚さない石鹸は、勿論、体にも優しくお肌にも良いです。

スポンサードリンク


純石鹸の特徴・環境汚染しない

一般に「純石鹸」と呼ばれているものは、界面活性剤に天然のものを使っています。
これとは対照的に、石油を原料としている洗顔料、洗顔用の石鹸も存在します。
純石鹸は、使って後排水にそれが流れるとと、24時間ほどで自然分解して二酸化炭素と水になります。
そうして、石けんかすも出ますが、これは微生も物が食べて分解してしまいます。
ですから、純石鹸と呼ばれているものは、生分解率100パーセントと言われています。
これは、使用後、自然に分解され、川や海に流しても害がない確率です。
それが100パーセントなのです。
すべて自然に戻るということですから、環境汚染をする心配が一切ないわけです。
ですから、このような洗顔用の石鹸を選んで使っている方も多いでしょう。
エコな生活を心がけている方は、そういった石鹸の選び方からこだわっていますからね。

スポンサーリンク

純石鹸はむしろ肌を育てる

環境に良い洗顔用の石鹸を使いたいと考えている人が多いと思いますが、洗顔用の石鹸は、洗顔で皮脂が落ちすぎて、肌がつっぱってしまう、そういったお悩みをお持ちの方もいます。
それが、乾燥の原因になっているとしているようですが、これは、洗顔用の石鹸が理由で肌が乾燥するのでしょうか?
肌がつっぱってしまったり、洗顔後、乾燥してしまったりすることは、肌が普段から保湿に慣れすぎてしまっていることも考えられます。
言い換えれば肌が弱っていると言っても良いでしょう。
健康な肌は、洗顔用の石鹸で洗っても、ある程度、自分で保湿する能力がありますから、常につっぱるという感はないと思います。
毎日純石鹸で洗顔している方は、洗顔のあと、急いで、化粧水やクリームを塗らなくても、乾燥するようなことはなくなると言われています。
自分の肌が皮脂を適度に出してくれて、自ら肌コントロールを出来るようになるのです。
こうなると、肌のお手入れにあたり、乳液やクリーム、保湿液など高価なものをつける必要がなくなり、お手入れが簡単になります。

純石鹸を手作り

このようなお話をすると、純石鹸に興味を持たれる方も多いのではないでしょうか?
実際顔を洗う石鹸は、純石鹸である洗顔用の石鹸を選んで使いたい、私もそう思っています。
そこで手作りも考えてみました。
苛性ソーダが入手できれば、手作り石鹸が出来るんですよ。
天然の油脂や、グリセリンなどを数多く入れて、保湿効果が良い洗顔用の石鹸を作ることもできるわけです。
市販のものより利用価値の高い石鹸ができるとあって、販売されている石鹸よりも、自分で作って使っている人も増えているようです。
エコにもなりますし、自分で扱う成分がわかっているのですから、安心して扱うことが出来ます。

純石鹸の選び方

では、売られている石鹸で、純石鹸を選びたい時、どれが純石鹸だと分かるのでしょうか?
洗顔用の石鹸を選ぶにあたって、どこを見たらよいのでしょうか?
それは、商品の成分表です。
ここを購入前には必ず見るようにしましょう。
無添加の純石鹸を選びます。
無添加ということは、防腐剤、保存料が入っていないものです。
分かりにくい点があれば、ドラッグストアなら、お店の人に尋ねて確認しましょう。
「石けん素地」、「カリ石ケン素地」、こう書かれているものは、純石鹸です。

スポンサーリンク

その他の洗顔石鹸

また、美容にも喜ばしい、オリーブオイルから作られている洗顔用の石鹸もあります。
これらは、材料そのものが、成分表に書かれています。
少ない洗顔用の石鹸ですと、中和法で作られています。
グリセリンなどをはじめとした、保湿効果が高い成分を取り除いて作られている場合があり、このような洗顔用の石鹸を使うと、洗顔後、肌がひきつることがあります。
また、釜炊きと表示されている石鹸があると思います。
これは、ホットプロセスと呼ばれる方法で、数日かけて高温で炊き上げたものです。
他にも、オリーブオイルを原料にして数ヶ月もかけて洗顔用の石鹸を作り上げる、低温でのコールドプロセスという方法もあります。
こちらですと、グリセリンが入っているので、とても安く売られています。

石鹸を長く使うために水切りを

そうして、愛着のある洗顔用の石鹸、または体を洗う石鹸は、ちゃんと保存して最後まで使いきりたいものです。
ソープディッシュに置いている人も多いようですが、注意すべきは水がたまらないようにです。
水はけが出来るようなつくりになっている石鹸入れに入れてくださいね。
ネットに来れることが、一番良い水切り方法です。
昔、小学校で水道の蛇口にみかんのネットに入れた石鹸が吊るされていましたよね。
あれが昔ながらの一番良い方法なのでしょう。
石けん用のネットも売られていますから、それを使っても良いでしょう。
100円ショップにも各種ソープディッシュや、ネットが売られています。
自分のお風呂場に合った、またトイレに合ったものを活用してくださいね。
吊り下げて据え置くだけですので簡単ですし、なにより水切れがよいです。
洗顔用の石鹸も、どの石鹸もそうですが、使った後は乾かしておく必要があります。
そうでないと、水分を含んでしまい、次に使おうとした時は溶けてしまっているからです。
みなさんにも、このような経験があると思います。
せっかくの洗顔用の石鹸ですから、毎日衛生的に使いたいものです。
ちょっとの心がけで、きれいに長く使えるでしょう。



*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク
Return Top