LaLa7.net

40代のほうれい線対策・顔層筋メソッドでシワが薄く

スポンサーリンク
40歳を過ぎると急激に肌の老化が進行します。
そのためほうれい線もどうしても目立つようになります。
30代のころまでの肌の中のコラーゲン量やヒアルロン酸量は、40代ともなると格段に減って来ます。
そのため肌のハリやツヤがなくなって、肌がたれてしまいほうれい線となって現れます。
スポンサードリンク


40代のほうれい線対策はワンランク上で

40歳を過ぎスキンケアに今まで以上に気をつけてアンチエイジングに気を使うようにしなければなりません。
そのために出来ることは頬筋を鍛えてアップするようにマッサージを、日々行っていかなければなりません。
マッサージをするときには、美容クリームをつけて行うようにしてください。
直接何もつけずに行うと肌を傷つけてしまいます。
高品質なコラーゲンが配合されている美容クリームを使うと肌に栄養を補給出来るので一段と効果的です。
40歳を過ぎても美肌を持ち積み重ねるためには、20代や30代と同じスキンケアを通じていても肌の老化を防ぐことはできないのです。
相当コストはかかってしまっても、今までよりもワンランク上の美容クリームとして早めに肌のお手入れをすることをお薦めします。
40歳を過ぎた人にお薦めの美容クリームは、コラーゲンが補給出来るもの。
保湿効果が良いもの、オールインワンになっていてお手入れが簡単なものがいいです。
40歳を過ぎた人が取り扱う美容クリームは、値段より品質を重視して選ぶようにください。
大人のスキンケアを通じて、ほうれい線解消対策をして下さい。

スポンサーリンク

40代からの顔層筋メソッド

テレビも紹介されて話題になった見た目を若々しくするための方法「顔層筋メソッド」。
青山サロンのリニューイングセラピーが行っているものです。
リニューイングセラピーとは、美しさや若々しさを維持するため柔軟な筋肉を維持することです。
これによってほうれい線を薄くする効果もあります。
リニューイングセラピーでは体全体の筋肉、とにかく手が届きづらい深層の筋肉に立ち向かうものです。

スポンサーリンク

具体的な施術方法

施術は素手で行います。
時間をかけてゆっくりと硬化部分を緩めて筋肉のストレッチを行います。
筋肉本来が持ち歩いている柔軟性を回復させて、血管の機能を回復させて細胞を活性化させて老化の進行を遅らせます。
この顔層筋メソッドを5日間続けて行っていけば「表情筋」をよみがえらせることが出来るそうです。
そうしてほうれい線の溝を浅くすることができます。
筋肉は幾つになっても若返ります。
凝り固まってしまった「表情筋」を解きほぐすことで、若い時の弾力のある肌に戻ります。
筋肉が健康な状態になることで、皮膚が保ちあげられてほうれい線が薄くなるのです。
顔層筋メソッドの方法は、「口輪筋」と咬筋と大小頬骨筋の3つの「表情筋」を鍛えます。
「口輪筋」は、肌の上から歯ぐきに手の指の腹部分を押しつけるようにして左に10回右に10回、回します。
咬筋は、頬骨からあごにむけて縦に入っているので左右3ヶ所に分けて前後方向に動かして10回ずつ行います。
大小頬骨筋は、頬骨のすぐ下にあるほうれい線の上の方2ヶ所、斜めに10回ずつほぐします。
朝の洗顔のときと夜の入浴ら1日2回行って5日間続けると「表情筋」をよみがえらせることができます。
但しやりすぎは逆効果それで、1日2回以上行わないようにください。
顔層筋メソッド専門の本も出版されているので、興味のある人は下さい。



*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク
Return Top