LaLa7.net

ほうれい線解消の美容整形はどれくらいの期間持つ?

スポンサーリンク
強く刻まれてしまい目立つようになったほうれい線を解消するには、生活自体を改善することや「表情筋」の体操やマッサージが効果的とわかっています。
その他にもアンチエイジング効果のあるコスメティックを使うなどの方法があります。
ただしこれらを実践してもほうれい線に効果が現れてくるまでにはそれなりの時間がかかりますし、根気を維持して続けなければなりませんね。
確かにせっせとケアしたいところですが、やっぱり面倒になります。
効果が現れるまで待つことはできないとか、きつく刻まれすぎていて自分の手ではとっくに治しきれないという人も多いと思います。
そこで美容整形によってほうれい線をきれいにしてしまおうと考える人もいると思います。
美容外科分野の力を借りるのも一方法です。
ここでは美容整形外科にてほうれい線を治療する方法についてお伝えします。
スポンサードリンク


美容整形でほうれい線解消する方法

美容整形で治療すると必ずメスで切られるとしている人も多いと思いますがそうではありません。
基本の治療方法はヒアルロン酸注射あるいはコラーゲン注射を通して、内側からシワをふっくらとさせることによってほうれい線を目立たなくするというものです。
最近はエボレンスという新しいコラーゲンの注入剤もあります。
エボレンスは従来のコラーゲン注射などよりも効果の持続期間が長いということで注目されています。
これらの注射の場合、メスとして手術する方法とは違って、治療後すぐに化粧をすることができる点で人気となっています。
他にも糸をりようして頬を引き上げることで、肌のたるみを解消してほうれい線もきれいにする方法もあります。
美容整形執刀の中で人気のものはPRP皮膚再生やフェザーリフトやサーマクールなどがあります。
PRP皮膚再生というのは、自分の血小板を採取したものを注入することによって皮膚を若返らせるものです。
アンチエイジング効果は期待できますが、ほうれい線への効果は低いためヒアルロン酸注射と併用して行なうことが多いです。
フェザーリフトというのは、特殊な糸でたるみを改善する方法です。
サーマクールというのは、メスを使わずに高周波を使う方法です。
肌を引き締める効果があるため、ほうれい線を目立たなくする効果があります。

スポンサーリンク

プチ整形でのしわ取りの効果の持続期間

メスを使わないで行う簡単にできる整形、これはプチ整形といわれます。
ほうれい線の溝にコラーゲンを直接注射したり、ヒアルロン酸を注射したりします。
コラーゲンとヒアルロン酸は皮膚の真皮に元々ある成分で肌にハリと弾力を与えることができて肌の保水の役割もあります。
シワやほうれい線など肌荒れにはこれらの成分が減少、劣化することが大きな影響を与えています。
ただし注入した成分は肌の組織の中に少しずつ定着して、吸収しなじんでいくので、効果には限りがあります。
持続期間には限りがあり、個人差によりますが、コラーゲンの場合半年程度、ヒアルロン酸の場合一年程度なので定期的に注入しなければなりません。
その点プチ整形の場合は、顔の皮膚を切り吊りあげてシワを引き伸ばす「フェイスリフト」という方法があります。
これだとすれば半永久的に効果を持続させることができます。
どの方法を選ぶかは、個人の希望や体質、そしてほうれい線の状態によって違うためしっかりと医師と検討してから行うようにしてください。



*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク
Return Top