LaLa7.net

肌に不可欠のコラーゲンとヒアルロン酸を補う方法

スポンサーリンク
「コラーゲン」と「ヒアルロン酸」は美肌に必要な成分で、ほうれい線にも大きく影響していることがわかっています。
ほうれい線が気になり始めた人は、コラーゲンが配合されているクリームや化粧品などに目がいくようになると思います。
真皮の約70%をコラーゲンが占めています。
ただしコラーゲンは老化とともに減っていきます。
ほうれい線など奥深い溝を封じるために、様々なアイテムを使いたいところです。

スポンサードリンク


コラーゲンを肌に補給する方法

コラーゲンが配合された美容液なども多数販売されています。
しかしながら美容液としてコラーゲンを肌に塗りつけても、肌の表面部分つまり表皮に付くだけで、コラーゲン自体が大きい物質なので真皮にまで到達できません。
但しコラーゲンは保湿力が高いため、肌の表面を潤すことはできます。
肌の乾燥などによる肌の小ジワの場合は、水分補給で回復させることができるため、効果があると思います。
またほうれい線もまだ溝が浅いものに関しては、水分補給をすることが一番の有効手段のためコラーゲンが配合されている美容液あるいはクリームなどを塗ったり、サプリメントを飲んだりすることで効果があるかもしれません。
但し真皮の組織にダメージをつけてしまった、濃い溝ができたほうれい線の場合はやっかいです。
いくらコラーゲンを表面から塗っても効果がないのです。
このようなときは思い切って直接真皮へコラーゲンを注入する方法があります。
この場合は美容外科などを受診することになります。
コラーゲンを注入することは簡単で、極細の針で注入するためあまり傷みもないそうです。
しかしながらコラーゲン注射の効果は半年足らずなので、半年ほど経つとまた濃い溝のほうれい線が目立つようになってしまいます。
中にはコラーゲン注射によってアレルギーが出る人もいます。
接種前にことごとく医師としっかりカウンセリングをしてから行うようにしてください。

スポンサーリンク

ヒアルロン酸を肌に補うには

コラーゲンと共にヒアルロン酸もほうれい線に広く影響を与えています。
中けれどもヒアルロン酸はとても保湿力が高いため、肌の肌の乾燥を防ぎシワができるのを防いでくれます。
しかしながらコラーゲンと同様にヒアルロン酸の保湿力も老化とともに低下してしまいます。
ヒアルロン酸を代わりに食べもので摂取しようと思ってもできません。
そのため加齢と共に肌が乾燥してしまい潤いがなくなっていくのです。

スポンサーリンク

ヒアルロン酸を直接注入

コラーゲンと同様にヒアルロン酸を真皮に直接注入する方法があります。
ほうれい線の溝の部分にヒアルロン酸を注入するとその部分がみずみずしく盛り上がってきてほうれい線が目立たなくなるのです。
コラーゲンの場合よりもヒアルロン酸を注入する方がアレルギーは起こりにくいようです。
また持続効果もヒアルロン酸の方がちょい長めで一年間効果があるそうです。
見た目を維持しようとすれば、一年程度経って効果がきれるともっとヒアルロン酸を注入しなければいけなりません。

「ボトックス」でほうれい線をわかりにくく

また外科的治療として「ボトックス」という方法があります。
ボツリヌス菌という毒素から取り出した成分を注入して、神経を麻痺させます。
シワを作りだす原因の「表情筋」を麻痺させることで、シワができない程度にうすい表情しか作らないように麻痺させておくのです。
効果は半年程度です。
表情を作り上げるときにでるシワには効果が高いのですが、ほうれい線は劇的な効果があるわけではないようです。
代表的な美容外科を紹介しましたが、あくまでこういった選択肢もあるということを知識として知っておいてください。



*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク
Return Top