LaLa7.net

ほうれい線とは・原因をまず知っておきたい

スポンサーリンク
顔の小鼻の両側から唇の両端へ向かって伸びている二本線のことを「ほうれい線」と言います。
簡単に言うと鼻を挟んで顔の真ん中をカタカナの「ハ」の字に走っているしわのことを言います。
ほうれい線が目立つかどうか、その深さによって老け具合を量ることができます。
ほうれい線が目立つ人しっかりと線が入っている人は、ほうれい線が目立たない人よりも見た目年齢が5歳以上老けて見られると言われています。
ほうれい線のできる原因や予防方法を知ることで、ほうれい線の現れる時期を遅らせるあるいは出る具合を薄くすることができるかもしれません。
ほうれい線に効果のあるマッサージをするなどして自分の状況に当てはまるケア方法を探して行くことが大切です。
中年(40代)以上の年を重ねると見つかるのがほうれい線と思われがちですが、じつは違うのです。
中年になったときにふらっと浮き出るのではなく、若い人にも生まれたての赤ちゃんにもほうれい線はすでに存在しているのです。
初々しい時には、このしわが小さくて浅くてほとんど目につかないのです。
それが中年になってくるとだんだん深くなってくっきりとしてきます。
そのため見た目によくわかるようになってしまうのです。
おんなじ年の人も肌が健康で楽しい人と、シミやしわがあり肌がたるんでいる人などを比べると、肌が健康の人の方が幼くみえます。
つまり年齢を若く見せるには、肌の状態によって仕上がるといっても過言ではないと思います
別にほうれい線が目立つか目立たないかそれによって老け具合が大きく違ってきます。
老け度合いを量る上でほうれい線は要となっています。

スポンサードリンク


ほうれい線の原因・表情金と首の筋肉の老化

ほうれい線がくっきりと浮き出る原因には様々なものがあります。
1つ目の原因としては、「肌のたるみ」が関係しています。
そもそも肌がたるむというのは、「表情筋」の衰えによるものや首の筋肉の衰えによるものです。
「表情筋」は顔面の下にある筋肉のことで、頬部分から口周りの筋肉、目の周りの筋肉、口周りの筋肉といった具合に分けて出向くことができて全部で30種類以上もあります。
細く役割分担された筋肉は当社が目や口を切り回すことによって動き、それによって色んな表情を作りだすことができるのです。
ういういしい時折筋肉が強くて重力に勝った力があるため皮下脂肪を高い位置にてキープできます。
それが歳をとってくると頬の筋肉が緩んできて、重力に抵抗する力がなくなってきてしまいます。
そのため頬付近の皮下脂肪を高い位置にてキープできなくなり、頬全体が垂れてしまうのです。
頬の区割りにあるほうれい線の上に頬が垂れて皮下脂肪が重なるため、溝が激しくなるのです

スポンサーリンク

ほうれい線の原因・紫外線と肌の乾燥

2つ目の原因としては、「紫外線」と「肌の乾燥」によるものがあります。
ほうれい線はシワです。
シワが強くのぼる外的要因が紫外線と肌の乾燥なのです。
紫外線は肌の奥のほうにまで入り込んできて皮膚の組織を傷めてしまいます。
紫外線ではシワだけではなくシミもできるため、肌にとってはトラブルの元になるものです。
肌が肌の乾燥した状態では肌が紫外線や埃といった刺激物質に対して無防備になってしまいます。
保湿をしっかりと行っている肌は低くて目のぼりにくいシワですみますが、肌の乾燥している肌の場合回復させるのが難しいですし、ほうれい線が再びきつく刻まれてしまう原因となるのです。

スポンサーリンク

そのほかのほうれい線の原因

他にもほうれい線のできる原因がいくつかあります。
睡眠不足、不規則な生活、あるいは過食、喫煙もそうです。
ストレスがあったり、ビタミンCやコラーゲンなどが不足していたりすることで、肌にシワができ易くなり、ほうれい線を強くすることにつながってしまうのです。



*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク
Return Top