LaLa7.net

保湿に必要なのはタンパク質・保湿効果のあるレシピ紹介

スポンサーリンク

保湿に必要なのはタンパク質・保湿効果のあるレシピ紹介肌の乾燥対策には、規則正しい洗顔の方法や保湿のスキンケアが大切ですが、体の中からの保湿ケア、つまり、保湿効果のある食材を取り入れることも大切な保湿方法なのです。
肌の乾燥の原因には、タンパク質の不足もあげられます。
自分では、気づいていなくても、ダイエットなどでタンパク質が足りなくなっている方も多いようです。
タンパク質が不足すると、肌の再生サイクルをくずし、肌の水分保持力が低下して、乾燥を引き起こすのです。
そのため、タンパク質は必要な量を摂取することが大切なのです。

スポンサードリンク


タンパク質多く含む食品

タンパク質を多く摂取できる食材で有名なのは、「卵」です。
卵は茹で卵なら丸ごと一気に食べられますし、料理にも使いやすいので、積極的にいただきましょう。
また、茹で卵に野菜をプラスして、サラダにすれば、栄養バランスもよくなります。

卵のほかにも、タンパク質を多量に含み、料理で使いやすい食材には、アボガドや納豆、モロヘイヤ、パプリカなどがあります。
アボガドと納豆、卵を組み合わせてオムレツにしたり、モロヘイヤとパプリカでスープを作ったり。
料理で工夫をすれば、タンパク質を必要量摂取することは無理なくできると思います。

スポンサーリンク

乾燥肌を悪化させる食品

私たちがよく食べる食べものやのみものには、乾燥肌を悪化させてしまう性質の食品もあります。
普段何気なくとっている嗜好品の中にそうした食品が多いのです。

たとえば、コーヒーや紅茶、緑茶、ココア、チョコレートなどにはいっているカフェイン。
カフェインは血管を収縮させたり、体を冷ましたりする働きがあります。
そのため、体の血行が悪くなって酸素が行き届きにくくなり、乾燥肌になりやすくなるのです。

塩分や脂分の多いスナック菓子やファストフードも、体の新陳代謝が悪くなります。
アイスクリームや冷たいのみものも、体を冷やして代謝を悪くします。
甘いお菓子、ジュースなど糖分の多いものも、体内環境を悪くします。
これらの食べものやのみものは、適度にとるだけにしましょう。

スポンサーリンク

保湿効果のあるレシピ

お肌を保湿する効果のある食材によるレシピを紹介します。

それでは、「卵とトマトのサラダ」です。
卵を割り、耐熱性のお皿に入れてよく溶きほぐします。
ラップをせずに電子レンジで1分くらい加熱し、卵がかたまりそうになるまで温め、スプーンや箸で粗めにほぐします。
トマト1/4個は、1cmの角切りにし加熱した卵と併せ、塩・コショウを少々振ります。
マヨネーズ大さじ1とポン酢小さじ1/4を加えて合わせ、パセリ適量をトッピングしたら完成です。

次は、お肉による料理です。
ダイエットの経験のある方は、「お肉を食べると太る」と考えているかもしれませんが、肉はタンパク質を豊富にいただける食材です。
そのため、肉を食べないでいると、肌が乾燥しやすくなります
ダイエット中であっても、肉の脂分を過剰にとらない方法を考えて、食卓にのせることが大切です。

では、肌の保湿効果のある肉料理「鶏肉と大根の煮もの」を紹介します。
前もって、鶏肉1枚の皮を取り除いて食べやすい大きさに切ります。
大根1/2本は2~3cmの半月切りに、生姜15gは薄切りにします。
鶏肉と大根、煮汁の和風だし汁200cc、砂糖大さじ1、酒大さじ1、しょうゆ大さじ1と1/2、みりん大さじ1、薄切り生姜を圧力鍋に入れて火をつけます。
蒸気が出てきたら弱火として約15分~20分加圧し、火を止めて置きます。
フタを開けて、強火として煮汁が少なくなるまで煮詰めたら。完成です。

大豆などの豆類もタンパク質を豊富に含みますが、食物繊維も豊富に含む食材ですからぜひいただきたい食材です。
乾燥肌に悩む方だけでなく、便秘で困っている方にも、大豆などの豆類を必ずとりましょう。
大豆を料理にとりいれるオススメの方法としては、納豆チャーハン大豆とひじきの煮もの、五目豆などがよいです。



*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク
Return Top