LaLa7.net

「ゆらぎ肌」困ったときのスキンケア・美肌になるには「牛乳洗顔」を

スポンサーリンク

9695651夏から秋へと変わる時期は、肌荒れをしやすいと感じる人も多いでしょう。
この季節の替わり目に肌が安定しないことを「ゆらぎ肌」と呼んでいます。
そんな「ゆらぎ肌」で困っている人に見直してほしいスキンケアの方法をご紹介します。
また生活習慣のことも見直すきっかけにしてください。
ゆらぎ肌の原因は、さまざまなことが考えられます。
季節の替わり目には、温度や湿度が著しく変化するので、それが肌にとってはストレスになるのです。
また、同時にホルモンバランスなども壊れ易くなり、耐性が下がって、体も肌も疲れてしまいます。

スポンサードリンク


ゆらぎ肌の改善方法

ゆらぎ肌を改善する方法は、毎日の肌のケアと生活習慣を見直す必要があるのですが、そうはいっても何か目新しいことを始めるわけではありません。
1つ1つのケアを丁寧に行うだけなのです。

例えば、洗顔の場合、夏は皮脂の分泌が多かったり、汗をかいたりするので、洗浄力の力強い洗顔料でゴシゴシ洗いがちですですね。
でも季節の変わり目は、肌に優しい刺激のない洗顔料で丁寧に洗うことが大切です。
洗顔料は、洗浄力の強い界面活性剤が含まれない「固形石鹸」がオススメです。
タオルでふき取る時も、摩擦によって刺激にならないように、やさしくフワリと触るようなに水分をふき取りましょう。
また、敏感なときのゆらぎ肌のスキンケアも、シンプルなものを使いましょう。
基本的にお化粧水と乳液だけでよいです。

乾燥が気になる時は、部分的に保湿クリームを付けて保湿するようにしてください。
たえず使っているスキンケア用品も、肌のバリア機能が低下していると、刺激を感じたりしみたりすることがあるので、その場合は使用をストップください。
特に、高機能成分が補われる美白化粧品やエイジングケアは、この時期は控えた方がよいです。

クレンジングは、洗浄力の強力なオイルタイプのものより、ミルクタイプやクリームタイプのものを使いましょう。
目元や口元の濃いめのメイクは先に専用のリムーバーを使用すると良いです。
このほかにも、ベースメイクも低刺激なものにしたり、生活面では、栄養のある食事を心がけたり、十分な睡眠をとったりすることも大切です。

スポンサーリンク

美肌効果の良い「牛乳洗顔」

白くきらめく肌、そんな女の子に憧れますね。
白い美肌女子になるのに最適な方法が「牛乳洗顔」です。
牛乳洗顔とは、その名の通り、牛乳による洗顔の方法です。
牛乳に含まれるビタミンやミネラル、タンパク質には、美容効果優れていて、古い硬い角質を消したり、美白効果があります。
また肌の代謝を正常化したり、透明感のある健康的な白肌が期待出来ます。
さらにニキビにも効果があり、肌に刺激の少ない弱酸性ということで、敏感肌の方にもお勧めなのです。
牛乳のカルシウムによる保湿効果で、乾燥肌をどんどんと改善して肌荒れを防いでもらえるはずです。
こんなメリットの多い牛乳洗顔ですが、作り方や洗顔の方法はとても簡単です。

スポンサーリンク

牛乳洗顔の方法

牛乳洗顔は、普通に洗顔をした後、牛乳と36度~37度くらいのぬるま湯を一対一の割合で混ぜて、次いで顔にリンスするような感じで洗顔します。
その後ぬるま湯でしっかりすすぎ、いつものスキンケアで保湿すれば、透き通るような白肌を手に入れることが出来るのです。

美白効果アップのための牛乳パック

さらに美肌効果を高めたいという方は、合わせて牛乳パックを行うと良いでしょう。
牛乳パックの作り方は、牛乳と小麦粉(又はベビーパウダー)を一対一で混ぜて、少々のレモン汁を加えて合わせます。
それを顔に塗って5分~10分くらいそのままにして、ぬるま湯で洗い流します
牛乳洗顔は週2回~3回、牛乳パックは週1回~2回行なうことで、肌が保湿され美肌効果が実感出来ます。
でも、牛乳アレルギーの方や化膿したニキビがある方は、絶対行わないようにしてください。


スポンサードリンク


*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top