LaLa7.net

朝夕の保湿ケアの違い・睡眠中も忘れたくない保湿方法

スポンサーリンク

朝夕の保湿ケアの違い・睡眠中も忘れたくない保湿方法1日に洗顔を行うのは、ほとんどの人が朝夕の2回です。
また、洗顔の後の保湿も、朝夕でおなじ方法で行っている人もあることでしょう。
ですが、規則正しい保湿ケアには、時間帯によってやり方を変えると効果的なのです。
時間帯で方法を変えるといっても、特別にむずかしいことをするわけではありません。
簡単に言うと、時間のない「朝は短時間でできて長時間効果が維持される方法」で、「夜は時間をかけて肌に潤いを加える方法」です。
このように時間帯によって異なったケアをすることで、一段と肌がみずみずしくなりますから、あなたも朝夕の保湿ケアを見直してください。
それでは、朝の保湿ケアのやり方です。

スポンサードリンク


朝の保湿ケアのやり方

まずはむくみとりから。
朝起きて、顔がむくんでいたりくすんでいたりしたら、蒸しタオルで血行を促しましょう。
蒸しタオルは、タオルを濡らして電子レンジで30秒~40秒ほどあたためると出来るので、それを温度が下がるまで顔に置きます。

朝の洗顔は、ぬるま湯で行って、肌を激しくこすらないようにし、1分以内に済ませましょう。
時間をかけて洗うと乾燥を招く原因になりますから手短に。
その後化粧水をつけますが、朝は化粧水を繰り返し顔につけるのが基本です。
化粧水をたっぷりと付けて肌に水分を浸透させ、繰り返し粧水をつけしっとり潤わせます。
その後クリームを塗って水分がでないようフタをします。
これにより、保湿が長続きします。

また、お化粧水や乳液を附ける場合、コットンとしていませんか?コットンは、肌に摩擦を起こすのでやめましょう
手の平にとって温めてからつけるのがよいです。
その後一気にファンデーションにすすむと、メイクくずれの原因になります。
朝食をとったり出掛ける準備をしたりしながら、お化粧水や乳液を十分になじませてからメイクをしてください

夜の保湿ケアのやり方

次は、夜の保湿ケアです。
大切なことは、仕事から帰ったら一気にメイクを洗い流すことです。
コスメティックは活性酸素によって酸化すると、顔のくすみとなり、それを放置すると、シミになってしまいます
そうならないためにも、毎日メイクは落とせる状態になったら一気に落として、やさしく丁寧に洗顔しましょう。

血行を促してくすみを改善するためには、マッサージがおすすめです。
それでも、その前には肌にたっぷりと水分を加えておきます。
コットンを2枚に裂いてそこにお化粧水をたっぷりと染み込ませ、額や頬、顎に乗せて数分間そのままにします。
これにより、肌に潤いが浸透して、その後のマッサージ効果もアップします。

血行を促すマッサージは、“ピアノタッチ”によるマッサージです。
ピアノを弾くときのように、自然に5本の指をやわらかに曲げて、顔をポンポンと軽いタッチで叩いていきます。
こうすることで、血行が良くなり、くすみが改善して、いきいきとした肌になります。

朝夕の保湿ケアは、時間的には3対7くらいの割合で行いましょう。
夜は、寝ている間に乾燥してしまうので、エアコンなどするときは、特に念入りに保湿しても良いくらいです。

睡眠中にできる乾燥対策

睡眠中は、当たり前のことですが、水分補給したり化粧水を使うなどはできません。
けれども、寝ている間も肌はどんどんと乾燥が進みますから、睡眠中にもできる乾燥対策を考えて実行しておくとよいです。
そのひとつが加湿器を使うことです。

加湿器を使った睡眠中の乾燥対策

手っ取り早い加湿方法は、加湿器を使う方法です。
湿度計を置いておくとわかりやすいです。
乾燥気味とわかったら、寝室に加湿器を置いて、湿度を50%くらいに保てるようにしましょう。
最近の加湿器は、美顔機能の付いたものもあるので、これから購入を考えている方は、こうしたものを選ぶと良いでしょう。

フェイスパックを使った睡眠中の乾燥対策

ドラッグストアなどで販売されている、フェイスパックもお奨めです。
就寝前に15分くらいパックすれば、保湿効果が期待できます
ただし、長時間しすぎたり、パックしたまま寝たりすると、逆に乾燥してしまうので気をつけましょう。

アイマスクを使った睡眠中の乾燥対策

また、ドラッグストアには、保湿効果のあるアイマスクも販売されています。
アイマスクは付けたまま寝入ることができますし、保湿効果だけでなく、安眠効果や目元のクマやシワの改善にも効果的なので、必ず使ってみて下さい。

そのほかの睡眠中の乾燥対策

また、これらのグッズを使わない肌の保湿方法もあります。
寝室に鉢物を置くだけでも、葉から水分が放出されるので、お部屋が自然と加湿されます。
また洗濯ものを部屋干しするだけでも、室内が潤います。
部屋干し特有の生乾きのニオイが気になる場合は、部屋干し用の洗剤が販売されているので、それを使うと良いでしょう。
そのほか、フローリングをこまめに掃除して、水拭きをするだけでも乾燥を防ぐことができます。
お風呂に入った後、お湯を貯めたままにして、フタとドアを開けておくのも、お部屋の乾燥対策になります。


スポンサードリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top