LaLa7.net

寝具のカバーなどの洗濯・クリーニングとコインランドリー利用を考える

スポンサーリンク

眠っている女の子寝具のカバーの洗濯、週に一度くらいというご家庭が多いようですが、あなたはどうですか?

シーツ、枕カバー、タオルケット、敷きパッドなどは、肌に触れて汗を吸い取りやすいので、こまめに洗って清潔にしておきたいですね。

これらは家庭で洗えるものが多いので、洗濯の表示(手洗い・洗濯機可など)を見て洗っていることと思います。

シーツなどの大きなものは、洗う頻度は、週に1回~2週に1回ほどのペースで洗うとよいですね。

シーツや敷きパッドなどの大きなものは、干すスペースがないという家庭もあるかもしれません。

また忙しくて洗えないという人は、定期的にクリーニングを利用しているかと思います。

スポンサードリンク


寝具カバーのクリーニング・メリットとデメリット

掛け布団や敷き布団のカバー、敷きパッドなどの大物の類は、家庭で洗濯できれば、ほとんどお金はかかりません。

たいていの家庭が自宅の洗濯機で洗っていることでしょう。

晴れた日の朝洗って干せば、その日にまた使うことができるので、洗い替えも必要ありません。

天日に干すと独特のあたたかみのある干しあがりになり、気持のいいものですね。

しかしながら、忙しくて日中洗ったり取り込んだりができない、大きなものは干す場所がないなど、家庭で洗えない事情もありますね。

そういうときは、クリーニングに出すことで清潔に保っていると思います。

仕事が休みの日を利用している人が多いのですが、通勤利用者の多い駅などでは、クリーニング店が繁盛しています。

朝出勤の際出していける便利さで、利用者は多いようです。

出来上がりを受け取るにも、仕事帰りに受け取れるので便利です。ただあまり遅い時間は閉店しているかもしれないですが。

そうした通勤の際の利用でないにしても、クリーニング店に大きな洗濯ものを頼めるのは主婦にとってもありがたいことです。

天候にかかわらず出せますし、受け取りは指定しないかぎり少し遅れても大丈夫ですしね。

スポンサーリンク

クリーニング店に出すメリット

寝具のカバーの大きなものをクリーニング店に出すメリットは、預けてしまえば洗い上がりをきれいにたたんだ状態で受け取れることでしょう。

季節の変わり目に、クリーニング店にお願いすれば、アイロンがあてられきれいにたたんであるため収納しやすいというメリットがあります。

毛布などの季節ものは、次のシーズンまで預かってもらえるお店もあります。

収納スペースがあまりない家庭の場合は、便利に利用されているようです。

クリーニング店に出すデメリット

ただ仕事を代わりにやってくれるわけなので、その分お金はかかります。

デメリットとしては、お金がかかるという点。家族が多いとかなりの金額になりますね。

そして毎日使うリネン類だと、代替品(洗い替え)が必要という点です。

今日出してその日のうちに受け取れるのであれば話は別ですが、後日ということになるとその間は代替品を利用しなくてはなりません。

そして代替品を保管するのに、スペースが必要になります。

家庭で洗うのが当たり前だった、寝具のカバーやシーツの洗濯ですが、クリーニング店のサービスがよくなっているので、お金を払って利便さを手にするのもこれからはよさそうです。

スポンサーリンク

コインランドリーのメリットデメリット

布団で眠る赤ちゃんを見つめるお母さんコインランドリーを利用することで、雨の日に大物を洗うことができるようになりました。

衣類などもそうですが、布団のシーツやカバーなどもけっこうプライベートなものですから、コインランドリーなら人目につかずに安心です。

利用されている人も多いですね。特に若いお母さんたちがよく利用していますね。

コインランドリーのメリット

コインランドリーは、数百円かかるものの、乾燥まで行えるので、天気の悪い日、夜すぐ必要という場合に便利です。

子供さんが小さくて、寝具のカバーがおしっこや食べこぼしなどで汚してしまった場合などは、その日に洗濯乾燥できてすぐ使えます。

コインランドリーが自転車や車で行ける範囲にあれば、利用価値は大きいです。

最近は洗濯ものをたたんでくれるサービスをしているコインランドリーもあったり、お茶できるスペースがある清潔感あふれるコインランドリーもあります。

コインランドリーのデメリット

コインランドリーのデメリットといえば、近くにあればいいのですが遠いと時間がとられるという点です。

もちろん一回数百円単位でお金がかかります。でもクリーニング店に出すよりはずっとお安いです。

雨が続くような天候では混んでいることもあり、待ち時間がかかることもあります。

しかしながら、子供さんが小さい主婦の方たちにとっては強い味方ですね。

さて、シーツやカバーは、家庭で洗う、クリーニング店に出す、コインランドリーを利用するでお手入れしていますが、布団はどうしていますか?

掛け布団や敷き布団も、汗を吸いますし、汚れも少しずつたまっていきますね。

布団の手入れ方法は⇒「少々お待ちください。」



*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク
Return Top