ぐっすり眠れる!質のいい睡眠とは・いい仕事のために眠りを大切に

眠っている三毛猫

「ぐっすり眠れたぁ~!」「あー気持ちいい!」そんな言葉が起き抜けから出てくるような睡眠、それが質のいい睡眠です。

が、「そんな爽快な気分なんてここ何年もないよ」とつぶやいたあなた。

その想いはあなただけではありません。

いかに多くの人が、朝の爽快な気分を味わっていないことでしょう。

年齢があがると、夜中に目が覚めたり明け方悪夢をみたりで熟睡感がもてないことはよくあるんですよ。

「気持ちよく目覚めた眠りが質のいい睡眠」であることは異論はないと思います

では質のいい睡眠というのは、具体的にはどのように判断するのでしょう?

「質のいい睡眠」とはこの三要素

質のよい睡眠とは、

  • 「寝つきがいい」
  • 「途中で目覚めてもすぐ眠れる」
  • 「朝すっきりと起き上がれる」

という三つの要素が合わさっている睡眠です。

質のいい睡眠で気持よく目覚めた朝は、気分爽快でその日一日中体がよく動き、頭も働きやすいです。

肌の調子もよく全身の疲れが取れていて、ストレスも軽くなっていて、前向きな気持ちで行動できます。

体力気力ともに充実した一日が過ごせるというものです。

質の悪い睡眠とは

現代ではこうした「質のいい睡眠」をとっていない人が多くいるのではないでしょうか

反対に質の悪い睡眠しかとれていないと、

起きて1時間たっても「眠い~」「もっと寝たい~」「頭がぼーっとする」と感じているような場合です。

もっと眠りたいと体がいっているのですね。

質のいい睡眠がとれればパフォーマンス向上

スーツを着たビジネスマン 男性と女性

人と会っての仕事をしている人なら「高いパフォーマンス」を維持したいと思っているはずです。

体調を万全にして、「高パフォーマンス」で契約をとりたい!仕事を手早く片づけたい!

と考えているはずです。

そのため睡眠をおろそかにはしていないはずです。

深酒や夜更かしなんて、たぶんしてないですよね。

睡眠の質が悪い人のリズム

睡眠の質が悪くなる原因ひとつに、起きる時間、仕事にはいる時間、寝床に入る時間などが日々バラバラという人。

朝または午前中は調子が悪い人が多いのは、睡眠のリズムが一定でないのため睡眠の質が悪くなります。

一回の睡眠で、翌日のパフォーマンスは全く違ってきます。

睡眠のリズムが日々バラバラのため、連日疲れが残り、眠気や気力減退につながっていきます。

いい仕事は質のいい睡眠から

たかが睡眠というなかれ。

「寝る子は育つ」のことわざと同じく「質のいい睡眠をとれる大人は仕事ができる」と言い換えることができます。

あるいは「熟睡できれば体力気力が充実する」といえます。

美容を気にする女性なら「質のいい睡眠でアンチエイジング」できます。

ぐっすり眠れることは、いいことづくめ。

悪いことはあるでしょうか?

思いつかないですね、それほぐっすり眠れることは大切なこと。

どんな年代の人も、活力に満ちた充実した一日を送るためには、「質のいい睡眠は欠かせません」。

ではどうしたら「質のいい睡眠」ができるのでしょうか?

少しでも睡眠の質をあげたいっということなら、「睡眠の達人」があたりまえにやっているちょっとした心がけを、あなたもやってみてはどうでしょう。

ぐっすりすっきり眠れている人の快眠のための心がけ

健康ヘルスケア
スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
キラコ

美容健康暮らしのライター。公務員として福祉行政に従事。退職後、着付け師範資格所得、着物着付け教室を運営。温泉好き温泉ソムリエ資格取得。美容健康ダイエット情報オタク。成人した子供3人の子育て経験。夫婦でドライブ温泉旅行好き。

キラコをフォローする
キラコをフォローする
LaLa7.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました