LaLa7.net

ダイエットしてると思いますが

スポンサーリンク

7274073女性の多くは、最低でも一度はダイエットの経験があると思いますが、あなたはいかがでしょうか。
我が国の場合、見るからに太った女性ばかりではなく、どうみても普通の体型のかたや、どちらかというと痩せ気味の女性までもがダイエットをするのが当たり前になっているという不思議な面もあります。
周りから見て普通であろうと、痩せ気味であろうと、本人がもう痩せたいと思っていればダイエットするため、結果、ほとんどの女性が一度はダイエットの経験があるということに上るのでしょう。
そうしてそのダイエット方法ですが、これがまた驚くくらい多くの方法があります。
さまざまな方法が、流行っては消えていっています。
どの方法も成功するかたもいれば、失敗してしまうかたもいらっしゃいます。
誰もが簡単にラクして痩せられるという方法がないからこそ、このようにひっきりなしにダイエット方法が仕上がるのでしょう。
ところで、あなたは現在、ダイエットをしていらっしゃいますか。
しているとすれば、どういうダイエットでしょうか。
最近、いとも簡単に効果があるということで流行っているダイエット方法は、7日間、脂肪燃焼効果のあるスープを食べて痩せていくという方法です。
スキなだけ食べても良いのですが、スープの具のほとんどが野菜ですので、必然的にカロリーが少なくなるという仕組みです。
しかも、今ある脂肪を燃焼しやすくできる効果もあるのですから嬉しいですよね。
市販されているダイエットスープを利用すれば、自分で作りあげる手間もかからずにいつでも直ちにスタート出来るので、それも良い点でしょう。
また、市販されているスープであれば、なくなったら直ちに買って手間無く食べることができますので、便利さという点から考えても良いですね。

スポンサードリンク


ダイエットスープで痩せる仕組み

「水を飲んでも太ってしまう」などと言っているかたが時にはいらっしゃいますが、現実的に考えまして、そのようなことは在り得ません。
身体が痩せてゆく仕組みとは、まことに単純でシンプルなものです。
摂取したカロリーよりも消費するカロリーのほうが多ければ、少しずつでも人は痩せてゆきます。
少しずつ痩せてゆく途中で、まったく体重が減らない「停滞期」という期間もあるにはありますが、その期間もただひたすら、摂取カロリーよりも消費カロリーを多くするというダイエットの鉄則を守ってさえいれば、もうすぐまた体重は鎮まり始めます。
ですが、「持ちこたえる」という、それだけがかなり出来ないために、さまざまなダイエット法が生まれます。
空腹については、最初のうちは我慢できたとしても、途中で一回くらいいいかなと、思う存分スイーツを食べたり、ハンバーガーやピザなど高カロリーのものを食べたりしてしまいがちです。
それが本当に一度限りで済むのであればいまだにダイエットは継続してゆきますが、一度お腹いっぱいに食べてしまいますと、その幸せ感から、既にダイエットはやめてしまおうという気持ちになって仕舞うかたも少なくありません。
理想の体重を決めたのであれば、そこに達するまでは果たして力強い意志が必要です。
とはいえ、それがしんどいので、何かと低カロリー食品の開発もすすむわけで、今、流行りの野菜スープダイエットなどは、水分とスープの具でお腹いっぱいという感覚も得られつつ、具材も低カロリーということで、どんどん空腹に持ち堪えるカロリー制限とは凄まじく異なっています。
スープは、ご自身で作っても良いかもしれませんが、市販のものでお湯を漱ぐだけという手軽さのものも人気です。
通販のものは割高ですが、市販のものは価格もお手軽なので、理想体重になるまで続けられると思います。

スポンサーリンク

スープダイエットにデメリットはあるのか

スープダイエットは、だいたいいいことずくめで、デメリットなどは、内容なんですが。
いろいろな意見を聞いてみますと、スープだけではタンパク質が不足するという意見があります。
しかしながら脂肪燃焼ダイエットでは、1週間のうちの2日もお肉を食べられる日があります。
5日目は赤肉OK、6日目はステーキもOKというダイエット法なのです。
それを楽しみにして、それまでの4日間を乗り切れますよね。
また、4日目には無脂肪のミルク(市販されていますが、ご近所になければスキムミルクでも可)もOKということになっています。
なので、通常の食事に見比べますとタンパク質は少な目だが、健康に害になるほどではないですし、たまにはそのような日もあって良いのではないでしょうか。
スープダイエットはお手軽なのが売りでもありますから、よく細く栄養配分を考えたりカロリー計算をしたりということは避けたいものです。
医療現場で採用されているダイエット法ということで、心配ないと思います。
やっぱタンパク質が数少ないことを気にしてしまうかたは、市販のスープにレンジで温めたお豆腐などをいれてはいかがですか。
お豆腐は、洋風でも和風でも中華料理風でも、ほとんどの味に見合う食材ですから、違和感無く食べられますよ。
また、スープの種類によっては、お湯を少な目で温めた豆乳や牛乳を閉じ込めるとなおさらおししく食べられるものがあります。
スープはお湯を注ぐだけのお手軽なもので、他に更に一品、ヨーグルトやチーズを少量食べても良いのではないですか。
そのくらいであれば、ダイエットに支障はありませんし、上質なタンパク質もちゃんと加えることが出来ます。
その上、お湯の量で味の濃い薄いもスキなように調節できます。
スープは、延々と工夫して食べられるものですので、栄養面でもその他でもデメリットは見つけづらいですね。
さすが嬉しいことずくめのスープダイエット、ぜひ、お試し下さい。



スポンサードリンク
Return Top