Warning: Use of undefined constant wsapiwp_voice_btn_title_bottom - assumed 'wsapiwp_voice_btn_title_bottom' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/atu/lala7.net/public_html/wp-content/plugins/webspeechapi-for-wp/webspeechapi.php on line 41
痩せるために必要なのは下半身の筋肉を鍛えること | LaLa7.net
Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/atu/lala7.net/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

LaLa7.net

痩せるために必要なのは下半身の筋肉を鍛えること

スポンサーリンク

下半身筋トレ痩せるのに必要なのは、下半身の筋肉を鍛えること

なぜかというと、下半身には上半身よりも沢山の筋肉があるので、エネルギーを消費しやすいのです。

「私太り気味」とか「なぜか太ってしまうのよね」という人のほとんどが、下半身の筋肉量が減っているんです。

20代のころは何もしなくても体の筋肉がしっかりついていました。20代は若さのピークですが筋肉量のピークでもあったのですね。

そこからゆっくりですが筋肉は衰えていき、40代になるとガクンと減少していくのがわかっています。

スポンサードリンク


下半身の筋肉老化は上半身の3倍

下半身の筋肉の老化は上半身の筋肉老化の3倍のスピードで衰えていくといわれています。

特に筋肉を鍛えないでいると、筋肉量は減少の一途をたどり続けます。

30代までは筋肉量が減るといっても、子育てや家事、仕事も忙しいなどで、何かと動く機会が多いですが、40代以降は、子育てが少しずつ楽になったり、仕事も部下に任せたりと、動く量が減っていきますね。

そして全身の代謝の衰えも手伝って、スポーツや活動的な遊びもおっくうになって、いっそう動くことが面倒になって・・・

となれば筋肉量の減少は避けられませんね。

そこで筋肉量の多い下半身をまず鍛えることで、筋肉の量を増やし、若いころの量にまで戻すことができれば、全身痩せに最も効果的なんですよ。

カロリーを減らすダイエットで痩せたいけれど

「高カロリーのものを食べすに、低カロリーのものを多くする、あるいは通常食べる量そのものを減らすなどして痩せる」というダイエット法は昔からたくさんあります。

一食置き換えダイエットとか、コンニャクダイエットなどですね。

いわゆる食事制限というダイエットですが、これでも痩せることは痩せて急激に体重を減らすことができるのですが、このダイエット法はリバウンドしやすいのです。

なぜかというと体重が減ることで脂肪は当然へっていますが、同じように筋肉量も減ってしまっています。

「筋トレをせずに食事制限を3か月続けると、体重とともに5年分の筋肉がおちる」というデータがあります

筋肉が落ちるので、体そのものの新陳代謝が悪くなりつまりエネルギー消費が悪くなって、同じように生活していても消費カロリーは以前より少なくなってしまうのです。

普通に生活できているから大丈夫?

下半身筋トレ普通に生活できている40代50代の女性は、筋肉の心配はしなくていい?でしょうか?

特に病気もないし元気だし、まだまだ気持ちは若いときのまま!という人でも、体は見えないところで衰え始めていますよ。

今は何も問題なく動けていたとしても、筋肉を鍛えないままこのままいくと、「寝たきり予備軍」になってしまいます。

40代に入ると、下半身の大きな筋肉「大腿四頭筋(だいたいしとうきん)」が普通に生活していても老化して筋力が減っていくのです。

「大腿四頭筋(だいたいしとうきん)」は、股関節と膝関節をつなぐ筋肉群の名前で、膝を曲げ伸ばしする大切な筋肉群です。

この筋肉群は体の中で一番大きな筋肉なのと、衰えるのも最もスピードが速い筋肉群なんです

ですから「まだ大丈夫よ」とのんびりしていると、じわじわと衰えてしまって、60代70代になってよぼよぼとしか歩けなかったり、足があがりにくく転倒しやすくなってしまうのです。

「40代50代から下半身の筋肉を鍛える」ことが、不安なく足腰が丈夫な毎日を送ることにつながります。

何もやらない人との差が歴然とするのも、この年代の分かれ道です。

筋トレは未経験という人も鍛えられる?

今まで運動とは無縁だったという人でも、筋肉を鍛えることはできます。

鍛えたら鍛えただけの強さに成長するのが筋肉で、何歳になってからでもそれは可能なのです。

素晴らしいとおもいませんか?

たとえ今70代でも80代でも、鍛えることで筋肉は肥大して太く強くなっていきます。

筋トレに関しては遅すぎた!ということはないのでご安心を。思い立ったら吉日です。

下半身筋トレで期待できること

下半身筋トレ

下半身を鍛えると、筋肉量が増え消費カロリーが増えるので、ダイエットになるといってきましたが、それ以外にも嬉しい効果があるんですよ。

それは血液の循環がよくなることです。

血液循環がよくなると、全身の毛細血管に血液がいきわたるので、酸素や栄養素が運ばれますね。

すると、肌のターンオーバーも改善されお肌はきめ細かにツヤがよくなり、若々しく見えるでしょう。

当然頭皮も健康的になって、髪のツヤや健康度がアップするでしょう。

また筋肉の収縮が骨に圧力をかけるので、骨密度が増し骨粗しょう症予防につながります。

骨粗しょう症は閉経後の女性が心して予防しなくてはならないもので、カルシウムをとるだけでなく、骨密度を減らさなまたは増すためには、骨に負荷をかける必要があるのです。

ウォーキングなどの軽い運動もよいですが、筋トレが加われば、安心感も倍増しますよ。

痩せるために必要なのは下半身の筋肉を鍛えること・まとめ

◆下半身には上半身よりも沢山の筋肉があるので、エネルギーを消費しやすい、ゆえにダイエット効果が出やすい。

◆下半身の筋肉は上半身に比べ衰え方が早いので、鍛えるようにしたい。

◆下半身が衰えると、つまずいたり骨折になりかねないので、衰えの始まる40代か50代には筋トレをするのが望ましい。

◆筋肉はまれな組織で、鍛えたら鍛えただけの強さに成長する、何歳になってからでもそれは可能。

◆下半身筋トレをすると、血液循環がよくなりお肌も若返る。

◆骨密度が増し骨粗しょう症予防にもつながる。

◆ウォーキングだけでは筋肉はつかないので、下半身筋トレを別途する必要がある。

下半身を鍛えることは、ダイエット効果が大きいだけでなく、健康な強い足腰を維持するのに欠かせません。

下半身が鍛えられると、丈夫になるだけでなく余分な脂肪が減って、脚そのものが引き締まって細くなっていきます。

さらに見た目の若々しさまで手にすることができるという、素晴らしい効果があります。

脚やせ成功物語・ふと足歴30年涙の克服体験談


スポンサードリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top