LaLa7.net

わけぎとホタルイカの酢みそかけ・叔母の手料理ご馳走さまでした

スポンサーリンク

わけぎとホタルイカの酢みそかけ

満79歳の叔母はとても料理が上手です。

野菜をいただきに昼間出かけたとき、お昼もどうぞといわれていたので、ご馳走になりました。

いつもの昼食より手を掛けていただいたようで、とれたばかりのわけぎをホタルイカと酢みそかけにしたおかずは絶品でした。

まさに旬をいただいて、口の中で一年ぶりのわけぎの味をかみしめました。

わけぎとホタルイカの酢みそかけ

赤魚の煮つけも、こってりとしたたれで身がホクホクっとして美味しかったです。

写真左の菊菜の胡麻和え、これが爽やかな苦味で美味しいのなんの。大好きな味です。

赤坂の料亭で提供できる味だと思うので、和食の料理屋さんかお惣菜屋さんをやるといいのにといつも思います。

叔父さんは、そんな手料理のうまさが恥ずかしいのか、いくら叔母さんの料理の腕をほめても、「ああ」というくらいで顔つきもかえません。

内心はきっと喜んでいるとは思うのですが、張り合いのないおじさんです。

毎日自分の作った料理を食べているので、こうして普通の食事をご馳走になることは、とてもうれしく有り難いです。

味つけ方法や調理の手順をよく教わるのですが、なかなか叔母さんのような出来ばえにはならないのでまだまだ修行がたりません。

叔母さんも毎日料理が続いて大変だとは思いますが、機会があったらまた手料理をいただきたいです。

母のない私と娘のない叔母さんは、ここ数年は親子のように親しくさせてもらっています。

感謝感謝、どうもありがとうございます。

 

 



*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク
Return Top