LaLa7.net

高野豆腐たっぷりでむくみを出す料理・脚やせ効果を期待して

スポンサーリンク

 

高野豆腐料理で水分排出

大豆は畑の牛肉と呼ばれるほど、栄養成分が豊富でタンパク質などが多いのはよく知られているところ。

植物性のたんぱく質だけでなく、脂質・イソフラボン・食物繊維などの成分は、メタボ予防や美容にも効果があるといいますよね。

それにカリウムが豊富なのも大豆の特徴ですから、身体にたまりやすい余分な水分を排出してくれる効果もあります。

脚やせ食材としては、このカリウムに注目して、ぜひ取りたい食材食品と考えています。

そこで今夜は、大豆から作った高野豆腐をたっぷり使って料理をします。

スポンサードリンク


高野豆腐と豚肉の煮炒め

生姜も利用しているので、身体のあたため効果もあるはずです。

高野豆腐料理で水分排出

<材料>高野豆腐一人前 大一枚、豚肉80グラム、ニンジン四分の一本、生姜すりおろし適量

<作り方>

材料はだいたいの目安量です。

高野豆腐はお湯で戻すタイプのもので、戻したら水気をよく切って短冊状の細切りにします。

豚肉は薄切りを利用し、食べやすい大きさに切って、みりんと醤油をまぶしてよく混ぜ合わせます。

しばらく置いてから、片栗粉をまぶし混ぜ合わせます。

片栗粉はお肉がまっ白にならないよう、一人分で小さじ2杯ほどです。

深めのフライパンで人参を先に軽く炒めてから、高野豆腐と豚肉、すりおろした生姜を入れて炒め、お肉に火が通ったら水を50CC入れて(3~4人前で)ふたをします。

1分したら醤油とみりん、塩コショウを好みの量だけ入れて味をととのえ、もう2分ほど煮、最後はふたをとって水分を飛ばして完成です。

中華風の味付けにしてもOKです。

出来上がりをいただくと

高野豆腐料理で水分排出

生姜すりおろしは、3人分で大さじ2杯ほど使いました。

お肉に下味がつけてあるので、後からの味付けは少量でよいです。

高野豆腐がもっちりとして食べやすくなています。

小口ネギがあれば、きざんで飾るといいですね。

中華風の味付けなら、きくらげがあると違った食感も楽しめると思います。

 

以上、ごくありふれた食材での日常ご飯のおかずレシピです。

高野豆腐は味つきの調味料で最初から煮るタイプのものがありますが、お湯で戻してから調理するタイプのものの方が個人的には使いやすいと感じます。

この料理の副菜には、かぼちゃやサツマイモの天ぷら、かき揚げなどが合うと思います。

カブの漬物と一緒にいただきました。

 

体がむくみやすいと、脂肪をよせつけやすくなるので、むくみを起こしやすい人は、水分排出や利尿作用がある食材をとるといいです。

水分排出や利尿作用があるといえば、カリウムですね。

大豆にはカリウムも沢山あるので、大豆製品をいただくわけですが、高野豆腐は乾燥しているので日持ちがするのでわが家では常備している食材のひとつです。

でもなかなか出番がないものですから、冷蔵庫が淋しくなってきたときのお助け食材として、使っています。

 

脚やせ成功物語・脚太歴30年涙の克服体験談を残しておきます

 

 



*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク
Return Top