LaLa7.net

細胞の老化を進めるタンパク質がわかったそうです

スポンサーリンク

細胞老化をすすめるタンパク質

人の身体は細胞が集まってできている、そして細胞の分裂を繰り返して生きているということは誰でもしっています。

どうして人が老化するかという研究では、細胞が分裂するたびに「テロメア」という染色体の末端部分が短くなっていくので、分裂できる限度があるという説が有力です。

細胞が分裂できなくなったら・・・生きていられなくなる、ということなのです。

健康で生きていきたいとは思っても、いつかは老いていくという現実は変えようがないのですが、細胞の分裂を遅らせることで、長く健康で生きようという考え方も広まってます。

それは暴飲暴食をやめて、節制した生活習慣をつけることでできると、テレビの健康番組でもここ数年取り上げられていますね。

スポンサードリンク


ガン治療に生かす細胞の老化

で、反対のことを言うようであれなんですが、先日の新聞で、名古屋市立大学の中西真教授、城村由和教授の研究グループが、老化の仕組みを解明して、「細胞が分れるの際に特定のタンパク質が活性化すると、老化が進む」ということを突き止めました。

細胞が老化するとよくない?んじゃないか?と、アンチエイジングの観点からは不思議に思って読んだのですが、この研究は、ガンの治療に活かされると期待されているそうです。

ガンの治療もいろいろと進んでいるのですが、さらにガン細胞のレベルでがん抑制ができるというのは、すごいことみたいと思ったわけです。

私の周りにも、現在ガンの治療を受けている人はいますし、ガンで亡くなった親類はかなりいます。

死にいたる病気としては、ガンはやはり大きな不安を抱えてしまいますから、怖い病気です。

ガン細胞は細胞分裂を抑えるタンパク質がこわれていて、無限に細胞分裂を繰り返す「不老不死」の細胞です。

細胞の老化をさせるのは、ガン細胞にだけ、という治療法が期待できることになったということなので、朗報です。

研究では細胞が二つに分かれていくあたりで、分裂を抑えるタンパク質を活性化させることに成功して、ガン細胞を老化させてしまうのです。

「細胞分裂を抑えるタンパク質」がどんなものか、詳しいことは書いてありませんでしたし、難しい話を聞いてもきっとわからないのですが、ガン細胞を老化させることができれば、細胞分裂を永久に抑制できるのではないかということでした

こうしたガンの治療法が早くできるといいなあ。

ガンになっても怖くないという時代が来るのかもしれません。

病気になる前にできる予防薬に?

もしガン細胞が、ガンと判定される前にわかったら、その段階で治療が始められる?かもしれないです。

または分裂を抑えるタンパク質の錠剤なんかができて、ガンの初期細胞に効くとかになったら、薬として予防できるかも?

なんて先走ったことも考えてしまいました。

健康を増進させるために、病気予防の点から利用できるようになるのも夢ではないかもしれません。

アンチエイジングの意識が浸透していると思うので、健康なままでいられる人も増えていくとは思いますが、こうしたもしものときに効く治療法が増えていくというのは、嬉しいことです。

脚やせ成功物語・太脚歴30年涙の克服体験談

 



*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク
Return Top