LaLa7.net

脚やせできない!無理!って思っていますか?

スポンサーリンク

脚やせできないとき

ながーい年月、何度も脚やせしたくて試してみましたが、そのたびに「できない!」「無理!」とあきらめてきました。

だから、同じ悩みを持つ人の気持ちがよくわかります。

今までの脚太歴の経験から言えること。それを今日は苦い経験を振り返りながら、書いてみます。

スポンサードリンク


スポンサーリンク

できない!失敗にばかり目がいくとき

脚を細くしたいのにできない!っていう経験は、カンタンにいうと失敗ということです。

でも、失敗とはいえ、細くする方法を試したことは、今になってよかったと思えます。

そのときは、よし!頑張ろうって気持ちが燃えていたわけです。

それは燃焼系の運動のときもあったし、マッサージのときもありました。

今度こそはと思って試すんですが、さしたる効果が出ないんですね。

それで気持ちがなえて、やめてしまう・・・

そんなことの繰り返しが続くと、もう私の脚は細くなってくれない、細くならない!と決めつけてしまいたくもなります。

というか、細くならないと確信していた時期もありました。

もちろんその試した方法の根本に問題があればいけませんが、失敗が続くと、元々のその方法が悪いんじゃないの?

と決めつけたくもなりました。

「私は努力しているのに、脚が細くならないのは、方法そのものが間違っているんだ」なんてね。

しばらくして、冷静になって考えると、自分のやり方が間違っていたか、期間が短すぎたのか、何かしら自分にも原因があるような気がしてくるのです。

細くならない!という決めつけのような諦めを何度となく繰り返していたころは、努力したけどできなかったという結果にばかり目がいって、落ち込んでしまうこともしばしばありました。

期待通りにいかないとき

脚やせできないとき

脚を細くする努力はむくわれない。

そんな諦めをしていたころ、努力をやめてみようと思ったのです。

もういいや、コンプレックスを抱えたままなら、いっそダメなものはダメとおさめてしまおうとしたんです。

自分を責めてもしかたがないので、一時脚を細くする努力をやめてみたんです。

頑張ると期待ばかりしてしまうので、期待しないように、努力をやめてみたんです。

そしたら、ふっと気持ちが楽になって、他のものに頼ってもいいかなと思えたのです。

「なんでも頑張ればいいってもんじゃないさ、ちょっとは楽をしよう」と気持ちが別のものに目をむけたのです。

そのころは、むくみを追い出せば、脂肪がつきにくくなるという知識はあったものの、実感としてよくわからなかったのです。

それで、自分でできないから、ちょっと他の力を借りてみようって思って、ラクしてむくみが取れる方法というのを、利用したことがあるんです。

そうしたら、努力しなくていいって、こんなに気持ちがラクなんだ~っと、すっかりリラックスできたんですね。

気持ちがゆるんで、顔もゆるんで、ゆるゆる~~の体型になってはいけないですが、とにかく頑張るだけの気の張り方は変わってきました。

私の場合お酒が原因でむくむの?

脚やせできないとき

むくみを解消するために、やらなきゃ!と気張っていたマッサージをしばらくやめて、ラクなあるものを利用しはじめました。

座り仕事の方が多く、年齢的にもあまり動く生活でないので、むくみやすいのはそもそもしかたないかと思っていました。

私のばあい、実はお酒が大好きです

お酒って、利尿作用があるというではないですか。

だから体の水分がよく出ていっていいんじゃないかと思えるのですよね。

でも、それがどうも違うみたいで、水分が少なくなると、血液の濃度が高くなるのだそう。

それを避けるために、体は水分を多く取り込んで、血中濃度を下げようとするらしいのです。

それがむくみの原因のひとつになっているらしいのです。

とはいっても、すぐにお酒をやめることはできませんでした。

大きな楽しみを奪われてしまっては、生きてる心地はしませんから、夕食時にはビールや日本酒をたしなんでいたんです。

それでも、とりあえず気をラクにしてしばらく頑張るのをやめたのです。

そのかわり、別のものの力を借りてみたんです。

別の力を借りたところ

それはちっちゃな錠剤なので、おいしくもなんともないものですが、けっこう力がありそうでした。

効けばもうけもん、くらいの気持ちで始めたんですね。

最初のお試し価格につられたっていうのもありますが。(^-^;

一応、暴飲暴食はしないこと、夜更かしはやめて夜11時には寝ること。

その二つを心がけながら、別の力を続けてみました。

お酒は今までのペースをかえていません。(減らすとストレスが増えるだけなので)
これのいいところは、ラクなので続けられるところですね。

ずっと続けていいものかどうかはわからないので、とりあえず1か月はと思っていたところ、問題なく継続できました。

気持ちがラクになった状態で始めているからか、2週間くらいして、朝の体がとても軽く感じられるようになりました。

見た目に、頬のふっくら感が少し減ったような・・・というのは1か月ほどしてからだったと思います。

 

毎日しっかりむくんでいた体が、むくみ量が減ったというか、そんな感じを味わうことができるようになりました。

脚を細くしようと頑張るのも大切だけど、たまにはラクをしてむくみをとっておくのもいいもんだわと感じました。

脚も夕方のむくみ調子が、少し減ったような感じになったのは嬉しかったです。

脚やせなんてできない!無理!っと怒りたくもなるときがあっても、仕方ありません。

たまには力を抜いても、いいんじゃないかな。

調べてみたら、今も販売されていました。

内容的には、改良されてよくなっているみたいです。

むくみをとって「脚やせと顔やせ」

太脚歴30年克服の記録



*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク
Return Top