LaLa7.net

脚のむくみ解消・中村格子先生のアドバイス

スポンサーリンク

冬寒くなると、脚がむくんでだるーくなってしまうことがあります。

脚のむくみはふくらはぎや足首あたりに起きることが多いので、靴下のゴムのラインが、夕方になるとくっきり残ってしまったり、ブーツのチャックが上がらなくなってしまう女性が多いみたいです。

寒い今の時期は、一年で一番むくみやすいのですが、いったいなぜでしょうか?

それは、コタツにはいってまったりしたり、外出を控えたりして、とにかく体を動かさなくなるからなんですって。

ここからは、整形外科医・スポーツドクターの中村格子先生のアドバイスです。中村格子先生って、ご自分でストレッチなどのモデルもやってスリムで健康になれる本を出されている、素敵な先生です!

寒い季節にむくんでしまうのは、「運動不足で脚の筋肉のポンプ機能が低下しているから」とのこと。

筋肉は使うと伸び縮みをします。するとその間の血管が刺激されてポンプのように働いて、血液が上に戻っていけるようになるので、むくみの元になる水分が運ばれて、むくみがおきなくなるそうですよ。

心臓から出た血液が足元まで行って、戻るときに血液に不要な水分や老廃物を取り込んで、心臓まで戻っていくのですが、筋肉を使わずポンプの機能が働かないと、余分な水分を運んで戻せなくなってしまうのです。

むくみは本人がだるい、見た目悪い、というだけでなく、余分な水分とともに不要な老廃物も血管が取り込めなくなっている状態なので、体にも悪影響があるんです。

そこでどうしたら「むくみ」を予防できるかですが・・・

中村格子先生おすすめむくみ予防法

中村格子先生のおすすめは、こんな簡単なストレッチでした。

スポンサーリンク


「いすの背を両手でもって支え、脚を前後に開いて、後ろ足のアキレス腱を伸ばします」左右一回ずつ。これを1~2時間ごとに行うと効果的だそうですよ!

他にも、「床にテニスボールや空き缶をおいて、転がすだけ」でもOK。こうすると足首や膝を動かせるので、筋肉を使い血管が動くからポンプ機能が働くからです。

もうひとつ、「座って脚の親指を前後に伸ばしたり、他の四本の足指を前後に伸ばす・・・倒すという表現の方がいいかもです。(右足指のときは左手で、左足指のときは右手でのばす)」のも効果的。

歩く、屈伸するなど、脚をとにかく動かすことで、血液のポンプ機能を働かせられるんです!

ついつい寒いと体が縮こまって、コタツから出たくなくなってしまいますが、心がけて上記のようなストレッチとか運動をしてみましょうね。

むくみが続くのは、いいことないみたいですからね。それにブーツも履いて帰らなきゃなりませんからね。^^

<まとめ>
脚のむくみには、筋肉のポンプ機能を鍛えよう。
そのためにはアキレス腱のばし、屈伸などの簡単な運動で。

脚のむくみは太脚の原因にも。むくみのことをもっと詳しくなら⇒脚のむくみ対策

20131210NHK朝7時40分ごろ むくみの解消のまとめと感想です。アキレス腱伸ばしのストレッチはいすの背に手を添えていなくてもできます。腰に手をあてて脚を前後に開いて、後ろ足の足首を伸ばすだけ。簡単ですよ。

 

 

スポンサーリンク


Return Top
3 dummydummy dummy dummy