白い服を着た女性ひとり 目を閉じた横顔

お顔のあちこちに、たるみが気になりだしました。

でもこれ、メイクひとつ、それもわずかなコツをつかめば、たるみを気にしなくて済むんです。

たるみ解消の魔法の杖は・・・コンシーラー。

その使い方のポイントをここではお伝えします。

眼の下のたるみにコンシーラーの使い方

ベースメイクの後に、眼の下のたるみには、眼の周り専用のコンシーラーを使用します。

眼の周り専用コンシーラーの色は、肌と最も明るい色の間の色を使用します。

気になるたるみにそって、コンシーラーをつけます。

それを指先でそっとのばしてなじませます。

ほうれい線やマリオネットラインにも

ほうれいせんやマリオネットラインには、明るい色のコンシーラーをぬり、

指先でなじませてから、パフで全体になじませればOK。

口角が気になるときもコンシーラー

そして口角がさがってきてる?と気になる場合は、

口角、左右の口角のすぐ下、唇の際に明るい色のコンシーラーをいれます。

すると口角があがって見えるから不思議です。^^

シミ・シワ・たるみ 唇に目の錯覚メイク

口角のコンシーラーも指先でぼかしてくださいね。

お顔のたるみを、コンシーラーで撃退、です。^^

チークでほほのたるみをごまかす

鏡に向かって化粧 チークをつけている女性

そして「たるみ」をごまかすのによいのがチーク。

大人メイクの場合は、チークをいれるのも忘れないで

チークはほほのたるみを消すのに役立ちます。

入れ方は、ほほ骨にそってチークをいれ、顔にVラインをつくるようにします。

すると引き締まってきますよ。

ブラシにあまったチークをフェイスラインにぼかすと、お顔全体がふわっと明るく華やかになりま

そのほかたるみが気になる人のスキンケア

他にスキンケアではこんなことに気をつけるといいですね。

  • 美容液は眼のまわりはしっかり指でおさえこむようにつける
  • 洗顔は汗や脂のでやすいおでこと鼻をよくあらい、ほほや眼の周りはそっと洗う
  • タオルでふくときはそっと当てるようにしてふく
  • 化粧水は手で覆うようにつけなじむまで3分ほど置く

正しいお手入れ法をマスターしているかいないかで、何年か先に違いがでてくるかもしれません。

まとめ

シミ・シワ・たるみが気になりだしたら、メイクも少し手を加えるて。

そのコツがわかれば、眼の錯覚を利用でき若々しいお顔に変えることができます。

※眼の錯覚を利用したメイクの方法を、ヘア・メイクアップアーティストの小林浩未さんに伝授していただきました。(NHK団塊スタイル20131018放送)