LaLa7.net

おなかいっぱい食べて代謝アップしてやせる方法・よく噛む

スポンサーリンク

おなかいっぱい食べて代謝アップしてやせる方法・よく噛む「お腹いっぱい食べるのに、代謝がアップしてやせる」といううれしい話題です。

この代謝アップの方法は、沖縄のこくらクリニックの渡辺信幸先生が伝授する代謝アップ方法です。

先生によると「食べるだけでもエネルギーを使う」ことに着目した代謝アップ方法です。

食べ物を消費する活動でエネルギーが消費されるのを、「食事誘発性熱産生」といいます。

略してDITと呼ばれています。

代謝のうちDITは一割しかありません。

でも食べるという行為は誰も同じなので、この代謝アップを図ります。

スポンサードリンク


お腹いっぱい食べて代謝アップする方法とは

お腹いっぱい食べて代謝アップの方法とはではお腹いっぱい食べても代謝アップできるとはどういうことでしょう。

最大のポイントは一回30回かむこと。

代謝アップになり、なおかつ早く満腹になります。

そして肉、卵、チーズを中心にとって、炭水化物を減らす食事にします。

たんぱく質はDIT消費が大きい

渡辺先生によると、たんぱく質はとったうちの30%がDITで消費されるのです。

そして、肉や卵チーズは、筋肉をつけるための要素が大きいのです。

渡辺先生の指導で、この食事を実践した方たちは、体重が減り膝痛も減ったということです。

よくかむことで食事の時間が50分とか60分もかかるそうですが、必要な筋肉がつき、食べる量が自然と減っていきます。

バストサイズが上がる効果も

よくかむと、さらに女性にはうれしい効果も期待できます。

同席していた姫野先生によると、バストサイズが上がる効果もあるそうですよ。

噛むとバストまでつながる筋肉が動くということで、南雲先生も賛成していらっしゃいました。

「よく噛むとバストが大きくなるのか~」っとつぶやいてしまいました。

それで噛む動作を鏡で見てみると、首の下あたりまで動いているのがわかりました。

たんぱく質は毎日OK

たんぱく質は毎日OK特にお肉がよいたんぱく質は毎日食べるのが最も良いです。

そして、お肉や卵、チーズは、毎日食べてもよいのです。

特に噛む動作においては、お肉が効果的。

ということで羊肉のレシピも紹介されていました。

<お腹いっぱい食べて代謝アップの方法>

  • 一回30回を目安にしてよく噛んで食べる
  • 肉、卵、チーズを毎日、炭水化物は減らす
  • DITを上げることで、代謝アップ、筋肉が増え体重が減る効果がある

満腹感を感じながら自然に痩せていける方法です。

よく噛むという習慣は大切なんですね。

次は「ひねるだけで代謝アップしてやせる方法」

最初の「心臓に負担をかけずに代謝アップ」へ戻る

主治医が見つかる診療所 20130909(放送) 代謝アップスペシャル 決定版での要約と感想です。


スポンサードリンク


*
*
* (公開されません)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Return Top
3 dummydummy dummy dummy